美夢

  • 2021/04/22(木) 13:01:58

日本におけるBIM元年と言われる2009年に、四国でのセミナーではじめてBIMの概念を知り、とても感動しました。
その場でBIMの導入を決めてRevitを購入し、今日に至っています。

BIMはそれまでの建築業界の労働環境を変え、建築に美しい夢を与えるものだと感じたので、BIMの日本語表記を「美夢」としてきました。
他の人もこの「美夢」を使うようになってきているようで、嬉しく思います。


 

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する